ブログ

『過労』まもなく、アマゾンにて発売!

パブリック・ブレインの新刊『過労 ずっと一人だと思っていた』松長和政 著)が、まもなくアマゾンにて発売されます!

karo_cover02

「決して強い人間なんかではない。主人公・涼祐は、ごく普通の会社員。だからこそ、働くことの孤独と苦しみを感じるのだ。その先に希望はあるのか。涼祐がすべての社会人に問う永遠のテーマが、この小説には込められている」(著者メッセージ)。

本書は、以前販売していた『過労』の文庫判です。価格も500円となり、お求めやすくなっています。ぜひ、年末年始の読書のお供に!

ページ上部へ戻る