「Day Art」第16号

読書系・アート系フリーペーパー「Day Art」16号は、2015年7月31日に発行されました。その内容を少しだけ紹介します。

読書系・アート系フリーペーパー「Day Art」Vol.16

トップページ

タイトル以外はすべて紫。欲求不満の夏、といったところです。

2~3ページ

おすすめイベントインフォメーションでは、下記の展覧会・イベントを紹介しました。

・「画鬼・暁斎」(三菱一号館美術館)
・「エリック・サティとその時代展」(Bunkamura ザ・ミュージアム)
・「挿絵の美・大衆文化の黄金時代」(北海道立文学館)
・「蔡国強展」(横浜美術館)
・「戦争と平和展」(広島県立美術館)

おすすめの新刊を紹介する「逸冊!」では、『名伯楽 粕谷一希の世界』(藤原書店編集部 編)を紹介。弊社の山本も寄稿させていただいています。

4~5ページ

特集は、「プラハ紀行」(苅谷崇之 取材・文)。文豪カフカにゆかりのある場所を中心に巡っています。ところが、カフカの墓地に行こうとしましたが…。

「日本文学を読もう!」は不遇の作家・島田清次郎の「地上(第1部 地に潜むもの)」を取り上げました。大正期に若くして突然ベストセラー作家となった島田ですが、その後は不遇の上、夭折しました。

6ページ

再三にわたって紹介している『途派文芸集 第一巻』。弊社の企画による第一弾文芸集ですが、今号では寄稿者などを紹介しています。

7ページ

毎年恒例の太宰治桜桃忌ルポ。今年は昨年と異なり、新たな試みも行われました。

8ページ

恒例の「校正クイズ」です。今回はちゃんと調べて読めば、意外と解けます。

次号は、2015年10月31日発行予定です。お楽しみに!

ページ上部へ戻る