カチカチ山

『カチカチ山』太宰治・著/オカダミカ・画

kachikachiyama

アラフォーの純愛?

昔話「かちかち山」を独自の解釈と切り口でアレンジしたのが、本書『カチカチ山』。太宰治のアレンジ力が発揮された作品です。タヌキを37歳の中年男に、ウサギを16歳の少女に見立て、あたかも「アラフォーの純愛」?

その物語に、イラストレーターとして、雑誌「an-an」などで活躍し、2009-10年、「読売新聞」夕刊にて連載中の平野啓一郎さんの小説、「かたちだけの愛」の挿絵を担当していたオカダミカが鮮やかな絵を添えています。
一貫して、タヌキもウサギも登場しないという斬新さも、本書の魅力。初版限定版です。

用紙に関しても、ヴァンヌーボやホワイトエクセルケントなどの特殊紙を使用。手触りも温かみがあり、ファッショナブルでインテリアにも最適。そっと抱きしめたくなるような本です。

ISBN978-4-9904288-0-8

1,500円(税別)/B6判/40ページ(フルカラー)/ソフトカバー/2009年1月刊行

アーティストプロフィール

オカダミカ(micca)…村上龍氏の『ダメな女』の表紙イラストを手がけ、デビュー。雑誌「an-an」などのファッション誌や文芸誌、全国紙でも活躍。展覧会に精力的に作品を出展し、活躍の場を海外にも広げている。

ページ上部へ戻る