太宰婚 古本カフェ・フォスフォレッセンスの開業物語

『太宰婚 古本カフェ・フォスフォレッセンスの開業物語』

1100円(本体価格)ISBN978-4-434-26224-1 2019年6月19日刊行

駄場みゆき
文学・エッセイ/176ページ/四六判

■コメント

作家・太宰治ファンの間で有名な古本カフェ「フォスフォレッセンス」。東京都三鷹市、太宰のゆかりのある街で、開業17年を迎えた店主のオープンから現在までの物語が、せきららに…。

1999年の太宰治桜桃忌(三鷹にある禅林寺で開催。太宰の墓がある)で伴侶と出会い、京都から移住して三鷹にフォスフォレッセンスを開くまでには、様々な壁があった。また、開店後も大きな危機に見舞われ、継続が困難に!?

自ら太宰ファンである店主の太宰との関わり、縁が描かれている温かい一冊!

ページ上部へ戻る