ニコン大井工場物語

『ニコン大井工場物語――ステッパー開発記』 ※在庫なし。増刷予定なし。

1,300円(本体価格)ISBN978-4-905295-56-3 2018年11月25日刊行

大野康一 著
ノンフィクション/296ページ/四六判

■コメント

株式会社ニコンは言うまでもなく、カメラや顕微鏡など数多くの光学製品を製造しています。その昔、社名を「日本光学工業株式会社」といいました。発祥の地(※1)が東京都品川区の大井町であることから、工場名を通称で「大井工場」と言いました。
この大井工場から多くの光学製品が生み出されました。戦前は光学兵器の生産が主でしたが、戦後日本の復興を軌道に乗せる上で大きく寄与したカメラなども、この大井工場から生み出されました。20世紀後半に開花した半導体産業とデジタル技術は現代社会を支え、発展を続けています。デジタル技術を具現化する主要な製品の一つが集積回路(IC)であり、その製造装置であるステッパーを生み出したのも大井工場です。
大井工場は時代の要請で誕生し、数々の製品を世に送り出し、歴史の変遷を見届けてきました。その建物の多くは役割を終え、次世代に後事を託すかのように姿を消しました。
半世紀に近い時間を通して大井工場を見続け、過去と未来の結節点に居合わせた者として、本書を書き留めました。

※1:創立当初の一時期、東京市小石川区原町120番地の「東京計器製作所」内に置いた。

関連商品

  1. 肝冷斎雑志2 中国古典アリジゴク

    肝冷斎主人・著●700円(税別)

  2. 10年先のDNAセッションと整体

    石川清・著●1,800円(税別)

  3. 肝冷斎雑志 中国古典うろうろ散歩

    肝冷斎主人・著●700円(税別)

  4. 優しさは保護色の翼

    ゆみこ・著●600円(税別)

  5. 0=ALL

    岡崎師・著●1,500円(税別)

  6. BAD DREAMIN’

    あんどうしゅん・絵&文●1,000円(税別)

ページ上部へ戻る