ルーツの周辺

『ルーツの周辺』

1,200円(本体価格)ISBN978-4-905295-47-1 2017年5月2日刊行
南原一博 著
歴史/120ページ/四六判

■コメント

鎌野藤太の十人兄妹の最後に残っていた私の母が亡くなって以来、私はこの無形文化財のような家族に注目するとともに、自分のルーツに目を向けるようになった。そこでまず気が付いたのは、讃岐国造家から始まり、鎌野家と私自身の家の展開を加えると、その歴史は全く教科書的な変遷をたどり、ほぼ香川県史と並行し、県史のある断面を見せていることである。(「あとがき」より抜粋)

関連商品

  1. Lはエルではない。

    竜音寺新五郎・作●900円(税別)

  2. 聖家族~大和路 映画「聖家族~大和路」ガイドブック

    堀辰雄・著●カエルカフェ・監修●900円(税別)

  3. 年金が減る世代が考えたい 老齢年金の繰り上げ、繰り下げ時代

    小山俊・著●1,000円(税別)

  4. 途派文芸集第一巻

    荻野直人、苅谷崇之、佐藤文香、島田潤一郎、田丸雅智、三川祐、山本和之 著●1,300円(本体価格)

  5. ぶんのに

    新岡さくら・著●410円(税別)

  6. 「エリーゼのために」を弾いてみませんか?

    吉成智子 著●1,000円(本体価格)

ページ上部へ戻る