種をはなつ(香山マリエ作品集)

『種をはなつ(香山マリエ作品集)』

2,000円(本体価格)ISBN978-4-905295-43-3 2017年1月12日刊行
香山マリエ 著
日本文学/352ページ/四六判

■コメント

まゆ子は種をひとつずつ、外に向かって思いきり投げた。窓枠を飛びこえた種は、一瞬きらり、と光りながら弧を描き、闇に吸い込まれていった(本文より)。

本書は、著者の作品の中から厳選された11篇の短編小説が収録されています。表題作「種をはなつ」をはじめ、いずれも純文学ファンなら堪能いただける作品ばかりです。若い読者には、「ころがる石」「学園祭の夜」「待合室」は特に共感いただけるのではと思います。

関連商品

  1. 年金が減る世代が考えたい 老齢年金の繰り上げ、繰り下げ時代

    小山俊・著●1,000円(税別)

  2. お客さん、お会計すんでませんよね? 2

    井崎弘子・著●1,300円(税別)

  3. 落語の影響を受けた太宰治短篇集

    太宰治・著●宋知恩・絵●1,700円(税別)

  4. 10年先のDNAセッションと整体

    石川清・著●1,800円(税別)

  5. テルミネ・ターミナ

    花笠香菜・著●500円(税別)

  6. 由紀子 マキューショーを越えて

    羅州ゆり 著●1,200円(本体価格)

ページ上部へ戻る