Amazon Kindle電子書籍サービス

Amazon Kindle電子書籍サービスに関するまとめ

日本でAmazon(アマゾン)による電子書籍サービス「Kindle(キンドル)」が始まり、だいぶ周知されてきました。以前に比べ、電子書籍の環境は整い、タブレット等を使い、電車や街中で電子書籍を読む人の姿も多くなりました。

Amazon「Kindle」とはいえ、やはり万人に浸透とまではいかないのが現実。マンガや雑誌といったビジュアルメインの書籍であれば、電子書籍でもいいのでしょうが(それでもユーザーからすると、まだまだ読みにくいのが現状)、活字メインとなれば、紙の書籍の方が読みやすいと感じる人が多いのが現状なのかもしれません。

弊社も基本的には電子書籍は、紙書籍を補完するものという認識ですので、電子書籍を手放しに賛成というスタンスではありません。

ただ、それでも、自費出版のお客様のニーズにお応えすべく、このたび、アマゾンの「Kindleサービス」を導入いたしました。

■「アマゾンのみ販売」プラス「Kindleサービス」をスタート!

弊社は以前から、「少部数でリスクを抱えずに販売したい!」という自費出版のお客様へ、アマゾンのみ販売」サービスを行ってまいりました。

今回それに加え、ご希望のお客様にオプションとして、Kindleでの電子書籍販売サービスをご提案し、

「多くの人に読んでほしいけど、予算的に大部数はちょっと……」

「せっかくの自費出版、いろいろなアプローチに挑戦したい!」

というご要望にお応えします。

弊社は、「アマゾンのみ販売」のサービスを59,000円で提供してきました。このサービスに、プラス20,000円でKindleでの販売が可能になります。つまり、79,000円で、アマゾンで「紙」と「電子」の書籍を販売することができます。

■Kindleの手続きは、結構煩雑、ハードル高し!

電子書籍をKindleで個人販売するには、アカウントの登録、米国への税務情報の登録など作業が煩雑です。しかし、弊社のこのサービスでは、Kindleでの販売を請け負うため、お客様による手続きは不要です。

ただし、あくまでアマゾンで「紙の」書籍販売を希望されるお客様向けのオプションサービスです。Kindleのみ(つまり、電子書籍のみの出版)のサービスではありませんので、ご注意ください。Kindleサービスの印税は本体価格(税別)の20%です。紙の書籍とは印税率が異なりますので、ご注意ください。

■Kindle用データの制作も、ハードル高し!

日本における電子書籍は、まだまだ発展途上です。Kindle用データの制作についても、一概に正解はこれ、とは言えず、出版社やデザイナーは四苦八苦しているのが現状です。主に、リフロー型フィックス型という方法を採りますが、前者は活字メインの場合、後者はマンガや絵本、写真集、雑誌などで使われます。

リフロー型はユーザーが自由にフォントやフォントサイズなどを選択して読める流動タイプ、一方で、フィックス型は固定タイプで、ユーザーはフォントやフォントサイズなどを選べません。

結論をいえば、紙書籍と電子書籍はまったく別のコンテンツと理解した方がいいでしょう。活字だけの書籍ならまだしも、画像や図版などが多く入る書籍や絵本などは、紙書籍のレイアウトを電子書籍上で維持するのは、なかなかの困難です。弊社の場合でも、紙書籍のデータとは別に、Kindle用のデータとして再制作することになります。

その費用については、書籍の内容にもよりますが、およその目安として、1ページ当たり250円~と、ご理解ください。

ページ上部へ戻る