ブログ

太宰治の小説のモデル、林聖子さんの講演

弊社の刊行物『風紋五十年』の著者で、新宿にある文壇バー「風紋」の経営者、林聖子さんの講演が、こおりやま文学の森資料館(福島県郡山市)にて、6月1日(日)に行われます。

タイトルは、「太宰治と母、そして私」。

林さんとお母様の秋田富子さんは、太宰治の短編小説「メリイクリスマス」登場人物のモデルとして知られています。当日は、戦後の三鷹時代の太宰について、そして、玉川上水で入水自殺を遂げるまでのお話を、臨場感と緊張感をもって、語ってくださいます。

「風紋」は、2011年に開店50年を迎えた老舗のバーで、かつては檀一雄中上健次など作家や編集者が通ったお店です。講演は、受付終了したようですが、参加できない方は、またの機会をお待ちください。

ページ上部へ戻る