ブログ

海外在住の方の自費出版・校正・校閲について①

インターネットが世界中に普及し、電子メールの活用が当たり前になっている昨今、パブリック・ブレインの出版サービスは海外在住の日本人の方にもご利用いただいています。アメリカはもとより、モンゴル、ロシア、韓国、インドネシア、イギリス……世界各国にお住まいの日本人の方からご連絡いただき、実際に自費出版や校正・校閲を承っています。

では、ここで、海外にお住まいの方に向け、何回かに分けて、自費出版サービスについて、解説します。

■連絡方法と入稿方法について

日本と海外となると、物理的な距離が問題です。お会いするにも、ご帰国いただくタイミングが合えばいいのですが、そうでないと難しい。こちらから伺うのも、相当難しい。また、時差がありますので、場合によっては、連絡が途絶えがちになる。こういう問題を穴埋めするには、それぞれが信頼関係を築くしかありません。どうして自費出版をなさりたいのか、どうして海外に住まわれているのか。弊社はどういう理念と方針のもと、出版サービスを行っているのか、どういった書籍を刊行しているのか、どういう人物が制作するのか。など、相互の想いを時間をかけて伝え合い、少しでも相互理解を深めるようにすることが重要に思います。

実際の原稿入稿につきましては、メールに添付いただくので問題ありません。こちらでレイアウトし、校正ゲラを出すときも、場合によっては、用紙に出力したものを配送するか、PDFファイルで送るか。おおむね、このどちらかで対応できます。

続いて、お支払いについて、解説します。

ページ上部へ戻る