校正料金について

校正・校閲料金表

■校正・校閲の費用

①ワードデータに、直接校正・校閲

電子書籍であれば、完成形は、もちろん、データです。ですので、お客様から、組み版する前のワードデータなどを送っていただき、それに直接、校正・校閲していきます。

やり方としては、修正した個所を「赤字」にし、「変更履歴の記録」を残します。それをこちらからお客様に返送し、お客様の方で、判断していただきます。

費用は、

初校(誤字・脱字の発見、固有名詞の正否確認含む):400字当たり×300円

初校のデータ修正が面倒、再校以降もやってほしい!

というお客様にも、もちろん対応しますので、ご相談ください。

②PDFで送る

ワードデータに直接校正・校閲されるのは、嫌だ、という場合には、こちらで一度出力し、赤字や疑問出しをしたものを、スキャナーで読み取り、PDFデータとして送ることも可能です。そうすれば、用紙でかさばることもありません。

費用は、

初校(誤字・脱字の発見、固有名詞の正否確認含む):400字当たり×300円

データ化(スキャナー読み取りなど):1ページ当たり×100円

③オーソドックスに、用紙に校正・校閲

普通に校正・校閲してほしい、もちろん、それでも構いません。出力した原稿だけ送っていただけましたら、こちらで赤字や鉛筆で疑問出しなどを入れて、それを返送いたします。

初校(誤字・脱字の発見、固有名詞の正否確認含む):400字当たり×250円

※弊社の自費出版サービスをご利用のお客様に限り、初校を無料で承っています!
※法人のお客様も承っております。お気軽にご相談ください。
※内容が専門的、あるいは、英語などの外国語の場合は、別途費用がかかります。
※極度に原稿が荒い場合は、単価を上げさせていただく場合もございます。

■個人の方、お急ぎの方、お気軽にご相談ください

弊社では、文学賞などに応募したいという個人の方、じっくり校正してほしい方、お急ぎの方、どんなニーズにも対応いたします。スケジュールにつきましては、お気軽にご相談ください。

※特急の場合は、別途費用をいただく場合もございます。

■校正・校閲のお問い合わせは、下記フォームからどうぞ!

お名前 (必須)

法人名

メールアドレス (必須)

電話番号

文字数(およそで結構です)

原稿の内容・ジャンル(例 小説、歴史など)

入稿方法
データ入稿 
用紙に印刷して入稿 

ご質問や納期のご要望がございましたら、ご自由にご記入ください。

ページ上部へ戻る