太宰は女である

『太宰は女である』

2,000円(本体価格)ISBN978-4-434-15048-7
太宰治・著/宇野亜喜良、林静一、会田誠、オカダミカ・画&語
文芸/144ページ/A5判

●〈太宰治シリーズ〉第4弾。太宰治の「女性独白体小説」の中から、「女性」を描くアーティストたちが、1編をセレクト。「きりぎりす」「葉桜と魔笛」「女生徒」「ヴィヨンの妻」を収録。さらに、各アーティストがその小説をモチーフにした描き下ろし作品、特別インタビューを収録するなど、内容盛りだくさん。書店でのトークショー&サイン会も開催しました。

関連商品

  1. 向日葵と僕

    三宅琢 著●1,300円(本体価格)

  2. 幻想の音彩

    紫音彩・著●600円(税別)

  3. Urashima-san(浦島さん)

    太宰治・著●高橋マリ子・訳●オカダミカ・絵●1,500円(税別)

  4. Lはエルではない。

    竜音寺新五郎・作●900円(税別)

  5. 連番禁止ナンプレ

    マグナム・ハート 作●650円(税別)

  6. 考えるにはきっかけがいる

    エルサ 著●1,200円(本体価格)

ページ上部へ戻る