こんなはなしがあったんだ 少数言語の民話絵本(1)

『こんなはなしがあったんだ 少数言語の民話絵本(1)』

1,500円(本体価格)ISBN978-4-905295-60-0 2020年8月14日刊行

石黒芙美代 著 画

絵本/48ページ/A5判

話者の数が少ない少数言語の民話を3編収録した絵本。「恩知らずなカムカム鳥」(ジンポー語〈ミャンマー連邦共和国〉)、「夜の鳥」(セーシェル ・クレオル語〈セーシェル共和国〉)、「牛の腎臓」(ブリヤート語〈モンゴル自治区〉)が収録されている。多様な文化に興味を抱くきっかけとなる1冊。

各民話を翻訳した研究者による解説コメント付き、フルカラー、総ルビ。「牛の腎臓」は、アプリを用いて話者(ブリヤート語)の音声を聞くことが可能。

関連商品

  1. パリを描く現代の印象派 ギィ・デサップ

    ギィ・デサップ 著●3,500円(本体価格)

  2. 今、はな子が笑った! 井の頭自然文化園で暮らしたゾウの物語画集

    高尾ふき子 著 画●2,200円(本体価格)

  3. やあ、私はマーティ(2)

    マーティ・モリナロ 著/小木勝博 編・訳●1,200円(本体価格)

  4. 改訂版 ゴリラの王様

    山本福敏 著/ひだかきょうこ 絵●1,500円(本体価格)

ページ上部へ戻る