太宰治シリーズ

  1. 2017年太宰治・桜桃忌、行ってきます

    毎年6月になると、妙にそわそわする。梅雨の訪れとともに、俄かに近づいてくる、その日。6月19日といえば、作家・太宰治が生まれた日でもあり、亡くなった日でもあります(遺体が揚がった日)。

  2. 太宰治関連2つのニュース 津島佑子さんご逝去、碧雲荘移築

    2016年2月の各紙は、太宰治に関するニュースが2つ掲載されました。ひとつめは、太宰の次女で小説家でもある津島佑子さんのご逝去。享年68。津島さんは、生前、あまり父・太宰治のことをお話しになりませんでした。その心中は、私たちには推し量ることはできません。

  3. 『佳日ウエディングノートブック』(太宰治シリーズ)が発売されました!

    《太宰治シリーズ》第7弾として、『佳日ウエディングノートブック』が、アマゾンのみで発売されました!表紙は至ってシンプル、用紙は風合いのあるヴァンヌーボを使用しています。「佳日」というのは、太宰治の戦中の短編小説です。

  4. 太宰治「桜桃忌」(6月19日)に行ってきます

    毎年6月19日は、作家・太宰治を偲ぶ「桜桃忌」が、東京都三鷹市の禅林寺で行われます。今年も、読書系・アート系フリーペーパー「Day Art」の取材ということで、出かける予定です。6月19日は、太宰が玉川上水に入水し、遺体が発見された日。

  5. 営業日誌 太宰治ゆかりの三鷹へ

    先日、太宰治シリーズ第6弾『Urashima San(浦島さん)』(高橋マリ子・訳、オカダミカ・絵)と、読書系・アート系フリーペーパー「Day Art」第10号をお届けに、吉祥寺・三鷹に行ってきました。吉祥寺は、「百年」さんへ。毎号、「Day Art」を置いていただいています。

  6. 『Urashima san』(浦島さん)完成!

    ようやく『Urashima san』(浦島さん)が完成し、納品されました。太宰治の「浦島さん」をモデルの高橋マリ子さんが英訳、オカダミカさんが絵をご担当した絵本です。もちろん、太宰の原作も収録しています。発売は、来年1月7日です。

  7. 『Urashima-san』(浦島さん)発売時期決定!

    お待たせしています。ようやく、《太宰治シリーズ》第6弾『Urashima-san』(『浦島さん』)の発売時期が決まりました。年明け1月上旬です。完成は、12月24日を予定しているのですが、配本を考えると、年越しかな…というところです。もうしばらくお待ちください。

  8. 『正論』(2014年1月号)でご紹介いただきました

    月刊誌『正論』(2014年1月号、産経新聞社)で、ご紹介いただきました。といいますのも、弊社の12月下旬刊行予定の『Urashima-san』(太宰治・著、高橋マリ子・訳)で、絵を担当してくださったオカダミカさんが、「リアルライフ 道を拓く者たちの肖像」欄でご紹介されたからです。

  9. 『Urashima-san』の発売時期について

    太宰治シリーズ第6弾、『Urashima-san』(高橋マリ子訳、オカダミカ絵)の発売時期について、お知らせします。当初予定より、だいぶ遅れておりまして、12月下旬を予定しています。書店様はじめ、ご迷惑おかけしますこと、お詫び申し上げます。読者の皆様、もうしばらくお待ちください。

ページ上部へ戻る