データ(絵本)

無理して自分でデータを作らない

結論からいいますと、デザイン事務所や編集プロダクションの方は別として、一般の方でAdobeソフト(Photoshop、Illustrator、InDesignなど)を持っていない方は、無理して自分でデータを作らない方がいいでしょう。というのも、そもそも不可能に近いからです。

入稿方法は、どうしたらいい?

一般の方で上記のソフトを持っていない方は、入稿する際、すべて出版社に丸投げがいいと思います。なぜかというと、データをつくるのは、かなり難しいからです。

たとえば、絵本用の絵を画用紙に描いたとします。これをデータ化するときはスキャナーが必要です。このとき、お手元のスキャナーで、下記の設定は可能ですか?

・カラー形式 CMYK
・解像度設定 350~400dpi
・保存形式 PSDかTIFF

ざっとこの3点ができないようですと、この段階でデータ化は難しくなります。

入稿に必要なものとは

出版社に入稿するときに必要なものは、下記のとおりです。

・原画
・テキストデータ(これはwordなどで可) 

基本的には、この2つで大丈夫です。ただ、もう1点付け加えるなら、完成イメージといったところでしょうか。このイメージがないと、そもそもデータ化には辿りつきません。つまり、データ制作とはイメージを具現化することです。

絵本の作り方トップページへ

ページ上部へ戻る