自費出版用語集 さ行

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

■さ行

CMYK(シー・エム・ワイ・ケー)……シアン、マゼンタ、イエロー、黒のこと。この4色ですべてのカラーバリエーションを補う。フルカラーの場合は、この形式を使う(Photoshopなどで設定)。通常、書籍印刷の場合は、この形式となり、RGB(アール・ジー・ビー)は用いない。CMYKはRGBより彩度が暗くなるため、データは最初からCMYKで作る方がよい。

支払い方法……会社によって異なるが、通常は次のような支払い方法だ。まず、半金あるいは、内金を支払い、納品された段階で、全額を支払う。ただし、注意すべきは、書店流通などを行う場合だ。

JAN(ジャン)コード……「販売コード」のこと。これも日本図書コード管理センターで取得可能。販売コードはバーコードにより、表紙カバーに付与が義務付けられている。バーコードの作成は、業者に頼むこともできる。書店流通販売やAmazon販売では、これがないと取り扱ってもらえない。

出版契約書……著者と出版社のあいだで交わされた契約内容を書面にしたもの。自費出版の場合、これを用意していない出版社が多いが、後のトラブルの原因となるため、必ず用意することをオススメする。これがない出版社は基本的には危険であるし、信用度は相当低い。

出版権……当該書籍を出版する権利のこと。通常、出版社が保持している。そのため、著者は別の出版社で再版したくとも、勝手に行うことはできない。必ず元の出版社の許諾が必要である。最近は、出版権に関するトラブルが、大手出版社と著者の間で、よく起こっている。

上製……「じょうせい」と読む。最近では「ハードカバー」ともいう。高級な書籍や単行本と呼ばれるものに使われる。

書店流通……一般の書店や本屋などに書籍を流通させること。ただし、自費出版の場合も、流通に乗せることは可能だが、そこから先が困難。つまり、流通を利用したからといって、書店に書籍が並ぶとは限らないということだ。なぜなら、書籍を並べるのは、書店の判断だからだ。「必要ない」と判断すれば、書店は新刊でも1ヵ月も経たないで返本してくる。それらはすべて在庫となり、出版社によっては、倉庫で眠らせてしまう。そのため、自費出版において、「書店流通」を考えている著者は、このことを十分考慮すべきだ。安易な発想での書店流通は控えるべきだ。その点、Amazonは、いわゆる「オンデマンド」なので、いつでも販売機会はあるといえよう。

スリップ……「ボウズ」「短冊」ともいう。書店などが追加注文しやすいように、書籍に挟んでおく注文書のこと。書店の在庫管理にも使われる。販売をしない場合は、付けなくてもよい。

背……本を棚に入れたときに見える箇所。タイトルと著者名、版元名などを記載するのが通常。

製本……印刷後の作業で、印刷された用紙をまとめること。自費出版の場合、綴じ方や並製か上製かといったことまで含む。「がんだれ製本」「フランス製本」などはおしゃれ。

ページ上部へ戻る